ED治療薬レビトラの有効成分とは?

サイトマップ
レビトラ レビトラの有効成分
  1. レビトラの理科室トップへ>
  2. 有効成分について

レビトラの有効成分について

有効成分バルディナフィルの働き

ED(勃起不全・勃起障害)治療薬といえば「バイアグラ」と答える方が大半を占めるとは思いますが、その即効性においては「レビトラ」がバイアグラより優れていると言えます。

このレビトラに含まれる主成分は「塩酸バルデナフィル水和物」になります。
「塩酸バルデナフィル水和物」は、バイアグラの有効成分「クエン酸シルデナフィル」に次ぐ第二のED治療薬として、前途にも述べたドイツの製薬会社である「バイエル社(薬品)」が製造・販売をしており、勃起に必要不可欠な酸素を阻害する「PDE5(ホスホジエステラーゼ5)」の阻害剤に分類される成分になります。
「バルデナフィル」は、「シルデナフィル」と構造がとても類似していますが、一番の違いは、服用してから 体内に吸収されるスピードの早さになります。
より早く体内に吸収されるように構成されておりますので、とても「即効性」に優れ、食事による影響力も受けにくく、さらに臓器選択性が高い(陰茎海綿体以外への作用が少ない)ので他のED治療薬とは違い、比較的副作用も少ないといわれています。
さて、ここでこの「有効成分」についての効果と特性、また使用する際の注意点を述べていきたいと思います。

バルデナフィルの効果
レビトラの成分バルデナフィル レビトラの有効成分の「バルデナフィル」は、勃起不全に有効な成分になり、白色に近い黄色がかった結晶性の粉末で、水に溶けやすい性質を持っています。
そのため最高血中濃度に達する時間も早い上、空腹時に服用をすると、個人差にはよりますが、早い方では 約20分~約30分程度で効果が表れる方もいます。
男性器が勃起をするには、性的刺激や性的興奮を受けることによって、大脳が興奮し、その興奮を脳内神経からの伝達により「陰茎海綿体」の中で一酸化窒素が放出し、ペニスの細胞内に「 cGMP(サイクリックグアノシンーリン酸)」という血管拡張作用をもった物質が増えることで「勃起」が起こります。
勃起が治まる際は、ペニスの内部に放出されたcGMPを「PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)」という酵素が破壊することで「陰茎海綿体」の拡張していた血管が収縮することにより、勃起が治まります。
レビトラは勃起を持続させるのに必要な「cGMP(サイクリックグアノシンーリン酸)」を壊す「PDE5(ホスホジエステラーゼ5型)」を阻害(抑制)する作用があるため勃起補助の効果があるということになります。

「塩酸バルデナフィル水和物」の即効性について
レビトラの有効成分である「塩酸バルデナフィルは水和物」は凝固した粉末の塊のようなものなので、バイアグラの主成分クエン酸シルデナフィルと比較して約1/4程度で効果が表れます。
また、効果についての詳しい情報は、「次の効果効能について」のページで詳しく書いてありますので、そちらを参考にして下さい。

「バイアグラ」や「レビトラ」は性欲促進剤ではない!
まだ、ED治療薬を使用したことのない方には、誤った認識をする方もいます。この「バイアグラ」や「レビトラ」は、あくまでも男性器における生理現象である「勃起」に対して、補助(手助け)をする作用や効果をもたらす医薬品であり、決して性欲を増幅させる「媚薬的要素」のある医薬品ではありません。
ここで1つの事例を挙げれば、高齢の方が過度な大量摂取により、勃起が治まらず「ペニスの切除」をした事例などもあります。 また「狭心症」などの症状を患っている方が、このED治療薬を「性欲増進」との認識で大量摂取をして、異常な血管の拡張が原因で心臓に大きな負担をかけ「死に至る」などの事故も発生しています。
このように、誤った認識や勘違いで、大量摂取による事故や事件などが多発していますので、是非、この注意点を認識して正しい服用方法やルールに従って服用しましょう。

レビトラの効果・副作用 レビトラとレビトラジェネリック比較 おすすめレビトラ通販サイト

プロフィール

レビトラの理科室管理人プロフィール

ニックネーム:ヒコポン
愛称:ED博士
年齢:40代
趣味:薬の研究・医学の研究

私はED経験者で、色々な治療薬を試してきました。この経験をEDで悩まれている方にお届けしたいと思い当サイトを開設しました。どのED治療薬を使えばいいのかわからない方にお力添えできればと思います。