レビトラを通販販売しているサイト!レビトラの理科室

サイトマップ
レビトラ レビトラの副作用
  1. レビトラの理科室トップへ>
  2. 通信販売について

【通信販売を利用した個人輸入について】

「メリットとデメリット」

最近はインターネットの普及により、様々な通信販売の業者が増えています。個人輸入の代行業者を利用してお薬を購入する場合気になる点は多々あると思います。ここでは海外医薬品の個人輸入に対して個人輸入は違法なのか、それとも違法ではないのかという部分のご説明をします。個人輸入代行業者とは本来、海外のメーカーや流通は、現地国だけにしか販売していないケースや、少量の個人輸入の荷づくりに応じていないケースがあります。そこで、代わりに商品の手配や荷づくり発送業務を購入者の代わりに行うのが、「個人輸入代行」です。

【個人輸入は違法?合法?】
それではまず、 海外医薬品を個人輸入の違法性ですが、厳密には法律で禁じられていないため、「合法」です。医師の発行した処方箋がなくてもお薬の通販購入は可能です。
医薬品(ジェネリックを含む)を個人輸入代行などを利用して購入することや、購入した医薬品を服用することは個人で服用する限り違法ではありません。

例えば、国内で承認されていない抗がん剤は、お薬自体の価格が高額であるため、最新の治療効果が期待できるお薬をあえて個人輸入などの通販サイトを利用して購入する方は非常に増えています。また、他にも男性の悩みである薄毛に効果があるお薬(AGA関連商品)、ED(勃起不全)に関連する商品「バイアグラ(シルデナフィル)」女性の妊娠検査薬やアフターピル、性病検査薬、禁煙補助薬などの個人輸入は比較的簡単に入手可能なため利用者が多いです。

【個人輸入代行業者を使用して購入できる代表的なお薬】

「ED治療薬」 バイアグラ・レビトラ・シアリス
「AGA関連商品」 プロペシア・ミノキシジル・デュタス
「性病、性関連商品」 フォルカン・ジスロマック・クラビット
「避妊薬」 アイピル・エラワン・ダイアン
「禁煙関連」 ニコテックス・チャンピックス・ザイバン

このようなお薬は大体の個人輸入代行業者で購入が可能です。今現在、ネット上では様々な通販サイトが増えており、色々な商品を簡単に購入することが可能になりました。

レビトラ通販と税関

最近の個人輸入代行業者は、日本人スタッフが電話対応をしてくれるため、欲しい商品を購入する際、英語が話せないと購入できないということはありませんので、普通の通信販売のように気楽に購入することができます。
その他、個人輸入代行の業者で購入する際に購入者の方が気にする点でいえば「関税」の問題だと思います。基本的には関税がかかるということはほぼ無いと思いますが、もしも通関の際に荷物が止められた場合は、手元に届きません。
代わりに「通関手続きのお知らせ」というハガキが届きます。そこに書いていある内容に従い、購入者が手続きをするということになりますが、様々な業者を見て回った結果、気にする必要はなさそうです。もちろん国内に荷物がある状態なので、すぐにでも欲しい場合は、関税を支払うのが早いと思いますが、どこの業者も一度送り返せば新たに発送対応してくれるようになっていますので、安心して購入することが可能と言えます。

【ご購入する際の注意点】
●個人使用以外の目的で購入することは禁じられています。
●個人輸入を利用し、販売するために大量に購入したり、在庫を抱えて転売するのは違法です。
●他にも転売目的ではないとはいえ、仲の良い知人や友人にわけてあげることも違法です。
(個人輸入で購入できるお薬の量には決まりがあります)
●違法薬物(危険ドラッグ)の輸入ももちろん禁止です。
●国内で販売されているお薬と、商品名が同じであっても内容量に違いがある場合があります。
●海外は偽物が多く出回っていますので、購入する際には信用できる業者を利用する事。

最後に、薬事法に関連する法律や厚生労働省が定めている全ての法規制は、日本国民の身体を守るためにあります。個人輸入の通販サイトを利用する際は必ず自己責任で行うようにし、初めて服用する処方箋が必要な医薬品は、医師や薬剤師の指示に従い服用するようにしてください。

レビトラの効果・副作用 レビトラとレビトラジェネリック比較 おすすめレビトラ通販サイト

プロフィール

レビトラの理科室管理人プロフィール

ニックネーム:ヒコポン
愛称:ED博士
年齢:40代
趣味:薬の研究・医学の研究

私はED経験者で、色々な治療薬を試してきました。この経験をEDで悩まれている方にお届けしたいと思い当サイトを開設しました。どのED治療薬を使えばいいのかわからない方にお力添えできればと思います。