レビトラはどのようにして誕生したのか?レビトラの理科室

サイトマップ
レビトラ レビトラの誕生
  1. レビトラの理科室トップへ>
  2. レビトラの誕生

「レビトラの誕生」

なぜレビトラは開発されたのか?

ED(勃起不全)で悩まれている男性は、多くいらっしゃると思います。現在多くのED治療薬が販売されていますが、ED治療薬としてすぐに思い浮かぶのは、バイアグラという名前になるかと思います。バイアグラはED治療薬の中で絶大な支持があり、ED治療薬の中では群を抜いているといえるでしょう。
ですが、このバイアグラが存在するからこそ、 バイアグラのデメリットなどを改善したようなED薬が次々と開発されています。そして、バイアグラの特徴である、食事の影響などを考えると他に思い浮かぶ名前がレビトラになると思います。しかし、バイアグラと比べるとレビトラはまだ名前だけで言うと知らない方も多くいると思います。ですが、バイアグラでは効果が出ないという声や、使うタイミングが。。。という方が多く、逆にレビトラのような即効性がないといけないという方も大勢いらっしゃることは事実です。ここで、このレビトラの誕生についてお話ししていきます。

レビトラのヒストリー
バルデナフィル このレビトラですが、国内で承認されたのは、開発された1年後の2004年になります。世界で二番目に開発されたED治療薬として高い評価を受け、今や大勢の方がすでにレビトラを服用されていると言われています。それまではEDの治療薬として厚生労働省の認可を受けているED治療薬はバイアグラだけでした。
バイアグラは、アメリカのファイザー社が開発し売り出しているED治療薬ですが、1999年の発売以降はED関連の治療薬として絶大な支持があり、実際に一番最初のED治療薬ということもあり 『夢の薬』『世紀の大発明』などと多くのメディアから取り上げられました。そこから全世界の人々に知れ渡り有名になりました。
ですが、バイアグラを使う時には食後最低でも1時間は時間を空けないといけないという欠点があり、効果を実感するまでに時間がかかり過ぎる、効果の持続時間が短いなどの用法上の制限も多く、バイアグラに対する不満も多くありました。この中で、バイアグラの発売から5年が経過したころに、今度はドイツの製薬会社であるバイエル社が満を持して発売したのがレビトラになります。

バイアグラのデメリットとされていた『食事の影響』という点と、『効果が出るまでに時間がかかり過ぎる」という点を改善するように、食事の影響を受けにくく、即効性があるように作られたものが、レビトラになります。
製造販売はアスピリンの開発で有名な、ドイツに本社があるバイエル薬品という製薬会社になり、オレンジ色の円形の外形が特徴で、中身は白い薬剤になります。
また、実際はバイエル社、グラクソ・スミスクライン社、シェリング・プラウ社の3社によって共同開発されました。
バルデナフィル レビトラの名前の由来についてですが、レビトラは英文で「LEVITRA」と書き、これは「le」と「vitra」の意味からできています。フランス語で男性定冠詞の「le」、ラテン後で生命を意味する「vitra」つまり『男性の生命』という意味があり、性行為は新しい生命を生む最も重要で神聖な行為になり、その性行為を身体の内面から支えてくれる治療薬の名前が「生命」であると言うのは実にふさわしい命名と言えます。
レビトラはすでに、世界中の約100ヶ国で利用されています。
続いてレビトラのマークの意味についてですが、レビトラの小冊子や薬剤の箱に炎のマークが書かれており、この意味がわからない方は多いと思います。これは、 マッチの炎を意味しており『こすればすぐに着火する』つまり「素早く効く」「服用してすぐ効く」などの意味合いが込められているようです。

レビトラの効果・副作用 レビトラとレビトラジェネリック比較 オススメレビトラ通販サイト

プロフィール

レビトラの理科室管理人プロフィール

ニックネーム:ヒコポン
愛称:ED博士
年齢:40代
趣味:薬の研究・医学の研究

私はED経験者で、色々な治療薬を試してきました。この経験をEDで悩まれている方にお届けしたいと思い当サイトを開設しました。どのED治療薬を使えばいいのかわからない方にお力添えできればと思います。